スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定秘密保護法案に反対します

特定秘密保護法案に反対します

秘密保護法は、具体的に何が問題なのでしょうか。

●範囲のあいまいさ
「特定秘密」の対象になる情報は「防衛」「外交」「公共の安全と秩序」と非常に範囲が広く曖昧で、どんな情報でも含まれるおそれがあります。国民の関心が高い原発の安全性や、放射線被ばくの実態・健康への影響などの情報は「公共の安全と秩序」に、普天間基地問題や自衛隊の海外派遣は「防衛」に含まれる可能性があります。

「特定秘密」を指定するのは行政機関ですから、主権者である私たち国民に知られたくない情報を指定して隠蔽できるということです。 刑罰の適用範囲も曖昧で、何に関して、どのような行為について罪を問われるのか全く分からないので、知らない間に重い刑罰を受けることも十分ありえます。

●知る権利の侵害
「特定秘密」の漏えいだけでなく、それを知ろうとする(未遂)、情報取得について話し合う(共謀)、開示を呼びかける(扇動)、アドバイスする(教唆)行為も「特定秘密の取得行為」として処罰の対象になります。マスコミ、ライター、研究者の取材を阻害し、内部告発を萎縮させることになるでしょう。国会議員への特定秘密の提供についても規定されています。

●プライバシーの侵害
法案には「特定秘密」を取り扱う人のプライバシーを調査、管理する「適性評価制度」という規定があります。調査項目は外国への渡航歴、ローンの返済状況、精神疾患での通院歴など。対象となるのは国家公務員はもちろん、一部の地方公務員、政府と契約のある民間人、大学等で働く人、及び本人の家族も含まれ、広い範囲の個人情報が収集・管理されることになります。

法律の専門家である140名を超える憲法学者、120名を超える刑事法学者、日本弁護士連合会が特定秘密保護法案に反対を表明し、日本ペンクラブ、日本新聞協会も知る権利が損なわれることへの危惧を表明しています。

日本弁護士連合会「秘密保護法の問題点は?」
http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/secret/about.html

日本ペンクラブ 意見書「特定秘密保護法案に反対する」
http://www.japanpen.or.jp/statement/2013/post_442.html

国会の状況が刻一刻と変わるので、現状に合わない表現を少々書き換えました。(11/29追記・稲葉)
スポンサーサイト

theme : ブラジル音楽
genre : 音楽

【活動予定】12/1(日)吉祥寺「パパママぼくの脱原発ウォーク 第6弾!」に参加します

サンバ・プラネッタも参加します!

パパママぼくの脱原発ウォークin武蔵野・三鷹 第6弾!
お子さん連れでも安心して参加いただける約1時間のウォークです。ご一緒に吉祥寺の街をパレードしましょう!
イメージカラーは黄色です!黄色いものを身に着けて来てくださいね!皆さんのご参加を心よりお待ちしています。(主催者ブログより)

2013/12/1(日)
集合:13時
スタート:13時半
集合場所:井の頭公園西園
アクセス:JRまたは京王井の頭線「吉祥寺」駅公園口(南口)より徒歩15分
(万助橋バス停、動物園、ジブリ美術館そば)
※吉祥寺駅南口・丸井前・すき家前・公園に行く途中のポイントに黄色いのぼりを持ったスタッフが誘導します。

コース:2kmのショートコース(予定)
井の頭公園西園スタート→パルコ前→東急デパート前→商工会館右折→ヨドバシ前右折→吉祥寺駅→東急イン前→丸井左側左折→武蔵野公会堂前直進→井の頭公園にて流れ解散の予定

主催:パパママぼくの脱原発ウォーク
ツイッター:@papamama1106 
https://twitter.com/papamama1106

theme : ブラジル音楽
genre : 音楽

トルコへの原発輸出に反対します

『トルコへの原発輸出に反対します』

今年5月に締結されたトルコ/日本の原子力協定に続き、10月29日、三菱重工を含む企業連合は、黒海沿岸に原発4基を建設する契約をトルコ政府と結びました。今後トルコ国会の承認を経て、2023年運転開始を目指しています。

トルコではチェルノブイリ事故の経験から国民の6割以上が原発に反対しており、過去の建設計画はすべて退けられてきました。今回建設が予定されているシノップは、黒海で最も美しい天然港と言われる、漁業と観光が盛んな港湾都市です。今年二度トルコを訪問している安倍総理の原発トップセールスに対し、シノップ市民の多くが強い不信感を抱いています。

東京電力福島第一原発は未だ事故収束の目処も立たず、事故原因も究明されず、放射能汚染水の管理さえおぼつかない危機的な状況が続いています。たった一度の事故で取り返しのつかない被害をもたらす未熟な技術。日本と並ぶ地震大国トルコで日本製の原発が過酷事故を起こした場合、日本の技術を結集しても責任ある対応をとることができません。

日本政府はブラジル、インド、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、ポーランド、ハンガリーなど多くの国への原発輸出を計画していますが、原子力産業の利益を優先した、利己的で非倫理的な選択です。国内ではもはや新設不可能とされる原発を海外に売り込むことなど許されません。私たちは原発被災国の国民として、トルコと日本の原子力協定、並びに世界各国への原発輸出に強く反対します。

(2013/11/9 シトロン稲葉)
Copyright (C) 2013 シトロン稲葉, All rights reserved.

★サンバ・プラネッタの街頭自主周知活動で、この記事と同じ内容のフライヤーを配布します。

theme : ブラジル音楽
genre : 音楽

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。