スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコへの原発輸出に反対します

『トルコへの原発輸出に反対します』

今年5月に締結されたトルコ/日本の原子力協定に続き、10月29日、三菱重工を含む企業連合は、黒海沿岸に原発4基を建設する契約をトルコ政府と結びました。今後トルコ国会の承認を経て、2023年運転開始を目指しています。

トルコではチェルノブイリ事故の経験から国民の6割以上が原発に反対しており、過去の建設計画はすべて退けられてきました。今回建設が予定されているシノップは、黒海で最も美しい天然港と言われる、漁業と観光が盛んな港湾都市です。今年二度トルコを訪問している安倍総理の原発トップセールスに対し、シノップ市民の多くが強い不信感を抱いています。

東京電力福島第一原発は未だ事故収束の目処も立たず、事故原因も究明されず、放射能汚染水の管理さえおぼつかない危機的な状況が続いています。たった一度の事故で取り返しのつかない被害をもたらす未熟な技術。日本と並ぶ地震大国トルコで日本製の原発が過酷事故を起こした場合、日本の技術を結集しても責任ある対応をとることができません。

日本政府はブラジル、インド、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、ポーランド、ハンガリーなど多くの国への原発輸出を計画していますが、原子力産業の利益を優先した、利己的で非倫理的な選択です。国内ではもはや新設不可能とされる原発を海外に売り込むことなど許されません。私たちは原発被災国の国民として、トルコと日本の原子力協定、並びに世界各国への原発輸出に強く反対します。

(2013/11/9 シトロン稲葉)
Copyright (C) 2013 シトロン稲葉, All rights reserved.

★サンバ・プラネッタの街頭自主周知活動で、この記事と同じ内容のフライヤーを配布します。
スポンサーサイト

theme : ブラジル音楽
genre : 音楽

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。